APEX

【APEX】シーズン5のジャンプマスターをする上で知っておきたい事

【APEX】シーズン5のジャンプマスターをやる上で知っておきたい事

APEXのシーズン5が始まって、キングスキャニオンのマップに大幅な変更が加わりました。

大人気だったスカルタウンとサンダードームが無くなり、チャージタワーというウルトを一瞬で使えるようになる施設が追加されました。
今更だとは思いますが、ジャンプマスターをする上で知っておきたい事を記事にしておきたいと思います。

目的地へ一番早く着くためにする事

ジャンプマスターのジャンプ

ジャンプマスターのジャンプ

ジャンプマスターをする上で一番知っておきたい事は『目的地へ、いかに早く着くか』です。

これは、距離によって飛び方を変える事により早く目的地に着けるようになります。

  • 0 ~ 200m … 直下降りをして、地面に着く少し手前で目的地に向かって飛ぶ
  • 300m ~ 700m … 目的地に向かって真っすぐ飛ぶ
  • 700m ~ … 視点を上下し、スウィング状態で飛んでいく

基本的には、上記の通りで問題無いと思います。
ドロップシップから降りるタイミングは500 ~ 600m位が一番早く着ける気がします。

700m ~を詳しく説明したいと思います。

スウィングしながら飛ぶ

スウィング飛び

スウィング飛び

700mまでの距離だと、目的地に向かって真っすぐ飛べばスピードが出るのでスウィング飛びは要らないのですが、700m以上の場合スピードが落ちてしまう角度でしか飛行出来ないので、スウィング飛びが必須になります。

スウィング飛びで気を付ける事は、速度を維持しつつスウィングする事です。

画面左側に現在の速度が表示されているので、それを参考に140~145くらいを行き来する様にスウィングしましょう。

チャージタワー

チャージタワー

チャージタワー

シーズン5になり、マップで一番変わった所と言えば『チャージタワー』の追加だと思います。

各所に設置されており、コンソールをいじるとすぐにウルトを使える様にできます。一度使った後も、一定時間が経つと再度使用できるのも魅力です。

ほとんどのレジェンドにとっては、ウルトが溜まってなくて近くにあったらチャージしとくか程度の物ですが、PTメンバーにライフラインがいる場合は一瞬で紫アーマーをPT全員分集める事もできる施設になり得ます。

PTメンバーにライフラインがいる時には積極的にチャージタワーの近くに降りる事を検討しましょう。

チャージタワーの位置

チャージタワーの位置

チャージタワーの位置

キャパシターに降りると3箇所チャージタワーが近くにあるので、ライフラインパッケージを3回すぐに呼べます。

ただ、物資も豊富にある場所なので競争率が高く、ザ・リグに降りたチームと研究所の地下を通ってきたチームに挟まれる可能性も高いので、かなり危険な地域になっています。カジュアルマッチならいいですが、ランクマッチでは腕に自信が無い限りあまり降りたくない地域です。

金物資確定の地下

金物資(バッグ or ノックダウンシールド)が確定で1つ入手できる場所が追加されました。
シーズン5のトレーラーで出てくる所です。1:38秒辺りから見ると出てきます。

金物資1つとチャージタワー、後は少しばかりの物資しかないので、初動で降りるのには物資不足なのでオススメしませんが、途中で寄るには良い所です。

地下への行き方

地下に行ける所

地下に行ける所

水処理施設サルベージの間らへんから行けます。

少し分かりにくいのですが左上のミニマップで見ると、ちょっと尖がっている所に行きます。周りに比べると1段窪んでいるので降りて海側の下を見ます。

地下に行ける所

地下へいける鉄筋

鉄筋があるのが確認できたら、そこへジャンプします。ミスったら死ぬので気を付けましょう。

ローバパスファインダーだと、ジャンプをミスってもQスキルで復帰できるので楽です。

APEXシーズン5のマップまとめ

カジュアルマッチでは好きな所に適当に降りても良いですが、ランクマッチではPTメンバーのキャラによって降りる所を考える様にすると、PTメンバーに喜ばれるかもしれません。

私の個人的に好きな降りる場所は、ザ・リグ水処理施設です。

初動で接敵しても1PTの事が多く、ザ・リグだったらキャパシターの戦闘の漁夫をしやすく、水処理施設だと、マーケットサルベージで起こっている戦闘の漁夫に参加しやすいです。

以上!何か情報が間違っていたりしたら、教えてくださると助かります。

スポンサーリンク

コメント欄

コメントを書く

NEW POST

新着記事はこちら

プロフィール

プロフィール画像

ヨッシー

ゲーム・アニメ好きなWEBデザイナー。特にブログの方向性はありません。今気になった事を適当に記事にしています。

スポンサードリンク