MTGアリーナ

【MTGアリーナ】赤単アグロに入れておきたいカード集

【MTGアリーナ】赤単アグロに入れておきたいカード集

最短3ターンで終わる事もあり、デイリーミッションの消化が早いので、是非1デッキは作っておきたいデッキ赤単アグロ。

そんな赤単アグロのデッキに使えるカードを紹介したいと思います。

デッキレシピは自分で考えるのがMTGの楽しみ方だと思いますので、あえて載せませんご了承ください。

非常に長いので、本当に暇な時に読むことをオススメします。

赤単アグロに入れておきたいカード達

赤単アグロと言っても、レシピによって構築するカードは変わります。
ただどんなレシピでも使い勝手の良いカードはあると思うので、紹介したいと思います。

ギトゥの溶岩走り

ギトゥの溶岩走り

ギトゥの溶岩走り

あなたの墓地にインスタントかソーサリーであるカードが2枚以上あるかぎり、ギトゥの溶岩走りは+1/+0の修整を受けるとともに速攻を得る。

2枚スペルを唱えておくだけで、1マナ2/2速攻とマナの踏み倒しがすごい奴!

種族がウィザードなので、後述する≪魔術師の稲妻≫が1マナで使えるようになるのもGOOD!

赤単と言えばこいつが1マナ目に出てくるイメージがあるほど採用率が高いカードだと思います。

遁走する蒸気族

遁走する蒸気族

遁走する蒸気族

あなたが赤の呪文を唱えるたび、遁走する蒸気族の上にある+1/+1カウンターが3個未満であった場合、遁走する蒸気族の上に+1/+1カウンターを1個置く。

遁走する蒸気族の上から+1/+1カウンターを3個取り除く:[赤][赤][赤]を加える。

2マナクリーチャーが4/4まで簡単に育つのに加え、マナ生成効果まで持ってるすごい奴!

特にマナ生成効果が強く、1マナの呪文であれば無限に唱えれるようになります。
赤の呪文はクリーチャー呪文もOKなので、1マナのクリーチャーを大量に入れて土地を絞っているデッキであれば、≪実験の狂乱≫で1マナ呪文を引き続ける限り唱え続けれるようになります。

赤単アグロを相手にしたときに一番警戒すべきクリーチャーです。盤面に2体≪遁走する蒸気族≫がいて、≪実験の狂乱≫が出ていれば次のターンは回ってこないでしょう。

ヴィーアシーノの紅蓮術師

ヴィーアシーノの紅蓮術師

ヴィーアシーノの紅蓮術師

ヴィーアシーノの紅蓮術師が戦場に出たとき、プレイヤー1人かプレインズウォーカー1体を対象とする。これはそれに2点のダメージを与える。

2点バーンダメージのつよい奴!

ほとんどの赤単アグロデッキで4枚採用されているだろうと思われるカードです。

2マナで2/1 バーンダメージ2点と、アグロなら入れておいて損はしない効果を持っているクリーチャーです。

このカードも≪ギトゥの溶岩走り≫と同じく種族がウィザードなので、≪魔術師の稲妻≫が1マナで使えるようになります。

ゴブリンの鎖回し

ゴブリンの鎖回し

ゴブリンの鎖回し

先制攻撃

ゴブリンの鎖回しが戦場に出たとき、これは各対戦相手とそのプレイヤーがコントロールしている各クリーチャーと各プレインズウォーカーにそれぞれ1点のダメージを与える。

弱い点が見当たらない3マナ最強クリーチャー!

3マナ3/3とスタッツも良く、先制攻撃まで持っているおり、加えて相手プレイヤーに1点飛ばしつつ、相手クリーチャー・プレインズウォーカーにも1点与えちゃう。

という強い事しか書かれていないクリーチャーです。1点AoEの効果がかなり強く、アグロ系のデッキで多い1/1クリーチャー生成を一掃できるのがGOOD!

弱い点を挙げるとすれば、マナが[赤][赤][赤]なので、赤単デッキでしか採用しづらい点ぐらいですかね。

ショック

ショック

ショック

クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。ショックはそれに2点のダメージを与える。

赤スペルの代表格ショック!

1マナ2点以外説明することはないですね。除去・バーンダメージどっちで使っても使いやすいベストオブ赤スペルです。

稲妻の一撃

稲妻の一撃

稲妻の一撃

クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。稲妻の一撃はそれに3点のダメージを与える。

ショックにつぐ性能のスペル稲妻の一撃!

2マナ3点以外説明することはありません!ショックと同じで除去・バーンダメージどっちで使っても使いやすいスペルです。

緑でよく使われている≪野茂み歩き≫が1/3なので、出てきたら速攻除去してやりましょう。

舞台照らし

舞台照らし

舞台照らし

絢爛[赤](このターンに対戦相手がライフを失っていたなら、あなたはこの呪文を、これのマナ・コストではなく絢爛コストで唱えてもよい。)

あなたのライブラリーの一番上からカードを2枚追放する。次のあなたのターンの終了時まで、あなたはそれらのカードをプレイしてもよい。

4枚採用以外ありえない貴重な手札補充リソース

1マナ2ドローと破格な性能を持っているカードです。

手札のリソースが細くなりがちな赤単デッキでは4枚採用以外ありえないでしょう。

魔術師の稲妻

魔術師の稲妻

魔術師の稲妻

あなたがウィザードをコントロールしているなら、この呪文を唱えるためのコストは2少なくなる。

クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。魔術師の稲妻はそれに3点のダメージを与える。

ウィザードがいれば1マナ3点の破格の性能!

≪ギトゥの溶岩走り≫と≪ヴィーアシーノの紅蓮術師≫を採用しているデッキであれば、4枚採用は間違いない性能をしているカードだと思います。

批判家刺殺

批判家刺殺

批判家刺殺

絢爛[赤](このターンに対戦相手がライフを失っていたなら、あなたはこの呪文を、これのマナ・コストではなく絢爛コストで唱えてもよい。)

クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。批判家刺殺はそれに3点のダメージを与える。

1マナ3点飛ばせる強いやつ!

レアリティがコモンなのに対し、効果はガチ!バーンダメージをうまく稼げれば、絢爛コストで唱えれるので1マナ3点と使い勝手がいいです。

ただ、バーンダメージを稼げないと3マナ3点と凡庸なカードなので、採用枚数を絞っている事が多いです。

実験の狂乱

実験の狂乱

実験の狂乱

あなたはいつでもあなたのライブラリーの一番上のカードを見てもよい。

あなたはあなたのライブラリーの一番上のカードをプレイしてもよい。

あなたはあなたの手札からカードをプレイすることはできない。

3[赤]:実験の狂乱を破壊する。

無限手札リソース供給装置!

赤単アグロは手札を補充する術が限られているので、手札リソースが切れてしまう事が多いデッキだと思います。

そんな赤単アグロの救世主、≪実験の狂乱≫!

ライブラリのトップをプレイし続ける限り、無限にカードをプレイし続けられるすごいやつ!土地や実験の狂乱が被らなければ、マナコストの低いカードが多い赤単アグロは、かなりの枚数をプレイすることができるのでオススメ度は高いです!

毎ターンライブラリのトップは手札になるので、手札にバーンダメージを稼げるカードが増えてきたら、≪実験の狂乱≫を破壊して手札からのバーンダメージで勝負を決めることができるのもGOOD!

弱い点は、ライブラリトップの土地被りと≪実験の狂乱≫被りですね。土地と≪実験の狂乱≫の枚数を絞る事で対応することが多いです。

赤単アグロに入れることがあるカード達

ここからは、レシピによって入れるカードが変わるであろうカードを紹介したいと思います。

凶兆艦隊の向こう見ず

凶兆艦隊の向こう見ず

凶兆艦隊の向こう見ず

先制攻撃

凶兆艦隊の向こう見ずが戦場に出たとき、対戦相手の墓地からインスタントかソーサリーであるカード1枚を対象とし、それを追放する。このターン、あなたはそのカードを唱えてもよい。あなたは、その呪文を唱えるために、任意のマナを望むタイプのマナであるかのように支払ってもよい。このターン、そのカードが墓地に置かれるなら、代わりにそれを追放する。

赤単アグロミラーの時に活躍するカード!

2マナ2/1 先制攻撃 持ちとまぁまぁなスタッツを持ったクリーチャー。

手札のリソースを使わずに、相手の墓地からスペルをプレイできる効果が非常に強い!赤単アグロミラーであれば、墓地にバーンダメージを飛ばすスペルがある確率は非常に高いので、勝敗を決する事は少なくないカードです。

ただ、クリーチャー主体のデッキには全く刺さらないので、採用するかどうかは考え物です。

再燃するフェニックス

再燃するフェニックス

再燃するフェニックス

飛行

再燃するフェニックスが死亡したとき、「あなたのアップキープの開始時に、あなたの墓地から『再燃するフェニックス』という名前のカード1枚を対象とする。このクリーチャーを生け贄に捧げ、その対象としたカードを戦場に戻す。ターン終了時まで、それは速攻を得る。」を持つ赤の0/1のエレメンタル・クリーチャー・トークンを1体生成する。

除去手段が限られる 4/3 飛行クリーチャー!

基本的に≪再燃するフェニックス≫を除去するには、1ターン中に4/3を破壊した後に、0/1を破壊する必要があります。

盤面ダメージを出しやすい赤入りデッキであれば、除去するのも難しくないですが、クリーチャー主体のデッキでは除去手段は限られます。

一方、弱い部分もあり、追放されてしまうと即死です。後述する≪溶岩コイル≫等の追放除去スペルを使われてしまうと、安いマナで除去できてしまい、相手にプレッシャーを与えることなく終わってしまうカードでもあります。

ただ、刺さった時の場残りのしやすさと、赤単では貴重な『飛行』持ちクリーチャーなので、少ない枚数で採用する事が考えられます。

静電場

静電場

静電場

防衛

あなたがインスタントかソーサリーである呪文を唱えるたび、静電場は各対戦相手にそれぞれ1点のダメージを与える。

0/4スタッツで場残りしやすい防衛クリーチャー

静電場が真価を発揮するのは、アグロ同士の戦いの時だと思います。0/4とタフネスが高いので、アグロ系クリーチャーの攻撃を防御しやすく、なおかつスペルを打つ時に1点のバーンダメージを稼げます。

静電場を採用する際には、≪どぶ潜み≫も一緒に採用して、スペルを多めに入れたデッキにすると強いですが、≪どぶ潜み≫は2/2と除去しやすいスタッツなので場に残ったらラッキー程度で考えましょう。

赤単アグロはスタッツが低いクリーチャーが多いので、AoEスペルが刺さりやすいのですが、マナが軽めのAoEスペル≪肉儀場の叫び≫や≪轟音のクラリオン≫を耐えれるのがいいですね。

弱い点は、手札にスペルがないと何もできないので、≪炎の職工、チャンドラ≫や≪実験の狂乱≫、≪舞台照らし≫等の手札を回しやすくするカードを多めに入れるといいです。

戦慄衆の秘儀術師

戦慄衆の秘儀術師

戦慄衆の秘儀術師

トランプル

戦慄衆の秘儀術師が攻撃するたび、あなたの墓地から、点数で見たマナ・コストが戦慄衆の秘儀術師のパワー以下でありインスタントかソーサリーであるカード1枚を対象とする。あなたはそれをそのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。このターン、そのカードがあなたの墓地に置かれるなら、代わりにそれを追放する。

戦慄衆はやっぱり強い!スペルを2回打てるようになるマン!

2マナ1/3 トランプル とスタッツは普通ですが、攻撃時効果のパワー以下のスペルを墓地から打てるのが超強い!

1/3スタッツのままですと、1マナのスペルしか打てませんが≪サムトの疾走≫のようなパワーを上げる系のカードとの相性は抜群です。≪二倍詠唱≫も採用しとくと面白そうです。

弱い点としては、スペルが墓地になかったり、スタッツが1/3のままで墓地の高マナスペルが打てないといった場合でしょうか。

場合によっては、『教導』持ちのクリーチャーと一緒に採用することも考えられそうです。

ブリキ通りの重鎮、クレンコ

ブリキ通りの重鎮、クレンコ

ブリキ通りの重鎮、クレンコ

ブリキ通りの重鎮、クレンコが攻撃するたび、これの上に+1/+1カウンターを1個置き、その後ブリキ通りの重鎮、クレンコのパワーに等しい数の赤の1/1のゴブリン・クリーチャー・トークンを生成する。

ほっとくと大惨事になるクリーチャー!

初期スタッツは1/2と非常に弱いですが、攻撃する度+1/+1されていきます。

自身のパワーと同じだけ1/1ゴブリンクリーチャーを展開する事ができ、相手に除去を強要する事ができます。

除去されなかったら、≪ラッパの一吹き≫や≪ゴブリンの損壊名手≫で一気に顔を詰める事もできますので、デッキのキーパーツにもなり得ます。

弱い点としては、AoEに弱い所と、初期スタッツが低い所でしょうか。

溶岩コイル

溶岩コイル

溶岩コイル

クリーチャー1体を対象とする。溶岩コイルはそれに4点のダメージを与える。このターン、そのクリーチャーが死亡するなら、代わりにそれを追放する。

赤単アグロでは貴重なクリーチャー追放ソーサリー!

2マナで4点クリーチャーに与えて倒せれば追放するといったカード。追放できるスペルは赤単アグロには少ないので枚数は考えようですが採用するのもありだと思います。

特に、後述する≪再燃するフェニックス≫のような無限に復活するようなカードに対して、強い動きができます。

弱い部分は、クリーチャーにしか効果が発揮されないので、クリーチャーを採用していないPWデッキの様なデッキには非常に弱いです。

無頼な扇動者、ティボルト

無頼な扇動者、ティボルト

無頼な扇動者、ティボルト

対戦相手はライフを得られない。

[-2]:「このクリーチャーが死亡したとき、クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体かプレイヤー1人を対象とする。これはそれに1点のダメージを与える。」を持つ赤の1/1のデビル・クリーチャー・トークンを1体生成する。

赤単アグロの天敵、回復デッキを封殺!

赤単アグロは回復されるとかなり辛い展開をしいられるので、その回復を止められるのは本当に偉い!

[-2]効果で自身を守るクリーチャーも生成できるので、場残りも悪くありません。

生成されるクリーチャーも死亡時に1点飛ばせる効果も持つので、処理するのも厄介なのがGOOD!

弱い所はそこまでないのですが、赤単アグロは手札リソースが限られている事が多いので、手札を増やせないPWを4枚採用する事は難しい所ですね。

炎の職工、チャンドラ

炎の職工、チャンドラ

炎の職工、チャンドラ

炎の職工、チャンドラの上から忠誠カウンターが1個以上取り除かれるたび、対戦相手1人かプレインズウォーカー1体を対象とする。これはそれにその個数に等しい点数のダメージを与える。

[+1]:あなたのライブラリーの一番上のカードを追放する。このターン、あなたはそれをプレイしてもよい。

[-7]:あなたのライブラリーの一番上からカードを7枚追放する。このターン、あなたはそれらをプレイしてもよい。

貴重な手札リソース補充手段!

赤単アグロでは貴重な手札補充リソースにもなり、バーンダメージも稼げる強いやつです!

【MTGアリーナ】赤単アグロデッキ『炎の職工、チャンドラ』入れるとゲロ強い説でも紹介させていただいたので詳しくはこちらの記事を見て頂ければ嬉しいです。

災厄の行進

災厄の行進

災厄の行進

あなたがコントロールしていてパワーが1以下であるクリーチャーが1体攻撃するたび、災厄の行進はそのクリーチャーが攻撃しているプレイヤーやプレインズウォーカーに1点のダメージを与える。

パワー1のクリーチャーをもりもり積んで速攻勝負を決める!

1/1クリーチャーをどんどん出して顔を詰めていく赤単アグロデッキのキーパーツになります。

≪ゴブリンの扇動者≫や≪ブリキ通りの重鎮、クレンコ≫の様な1/1クリーチャーを生成するカードを詰め込み、≪無頼な扇動者、ティボルト≫で回復を封じつつ殴り続けるのが主体のデッキに採用されます。

≪災厄の行進≫を採用するデッキは、他の赤単アグロデッキの構成とは全く違う構成になると思うので、前述した赤単アグロに入れておきたいカード達で紹介したカードが入らない場合が多いです。

弱い点としては、タフネスがでかいクリーチャーを出されたり、≪災厄の行進≫を引けなかったりすると、勝負が長引いてしまいカードパワーに押され負ける事が多い事でしょうか。

スポンサーリンク

赤単アグロについてデッキ構築の考察

赤単アグロは手札の噛み合わせさえ良ければ、止める事が難しく、なおかつ勝負を決するのが早いので、デイリーミッションを早くクリアするにはうってつけのデッキです。

ただ、最近では白単の回復デッキや、≪野茂み歩き≫を主体とした探検デッキが台頭してきて、赤単アグロ使いとしては非常に厳しい戦いを強いられる事が多くなってきました。

野茂み歩き

野茂み歩き

上記のデッキを相手した時に辛いのが回復です。

回復対策の為に、≪無頼な扇動者、ティボルト≫を4枚積んでいた時もありましたが、序盤に≪無頼な扇動者、ティボルト≫が2枚手札に来るだけで、手札の狭さによってアグロ的な動きが遅くなる事もたびたび見受けられ、いつも勝てていたミッドレンジデッキやコントロールデッキに負ける事が多くなりました。

そんな理由により最終的には1枚採用に落ち着いたのですが、1枚では回復デッキをメタれてるとは口が裂けても言えません。

もちろんデッキの相性はあると思いますので、諦めるのが正解かもしれませんが、何か良い解決方法がないかと探る毎日です。

以上、赤単アグロについての考察でした。皆様の一助になっていれば幸いです。

スポンサーリンク

コメント欄

コメントを書く

RELATED POST

関連記事

NEW POST

新着記事はこちら