エラッタ(ERRATA)とは

エラッタとは

エラッタという言葉。どういう意味か知っていますか?

エラッタの意味

エラッタは2つの意味を持っており、場合によって違う意味になります。

  • パソコンのCPUやチップセットの構造的欠陥、設計ミスのこと、また欠陥や本来の仕様との相違などをまとめた文書のこと
  • カードゲームにおいて、テキストの変更が行われる事

カードゲームでエラッタという言葉が出てきた場合は、テキスト変更が行われたのだと思って頂いて問題ありません。

エラッタの語源

エラッタ(Errata)は、誤字・誤植・誤記などを意味をする「Erratum」の複数形から来ています。

また、本来の読み方としてはイラータが正しいです。

スポンサーリンク

エラッタの使い方

カードゲームでの場合での使い方は、『テキスト修正』という言葉を『エラッタ』に置き換えれば意味が通じると思われます。

  • エラッタされて、あのカードの有用性が上がった。
  • あのカードは弱すぎるから、エラッタされそうだなぁ。
  • 文言の受け取り方によって、色々できそうだからエラッタされた。

エラッタに近い使い方がされている言葉でナーフという言葉がありますが、ナーフは下方修正を意味しており、上方修正では使われない言葉なので注意しましょう。

シャドウバースでのエラッタ例

シャドバでエラッタカード

上記例では、カードコストが下がったので上方修正だと言えます。この場合、ナーフは下方修正を指すのでエラッタを使うのが正しいと言えます。

エラッタでもナーフでもOKな例

反対に上記例では、カードコストが上がっているので下方修正だと言えます。この場合は、ナーフエラッタどちらを使っても間違いありません。

スポンサーリンク

コメント欄

コメントを書く

RELATED POST

関連記事

NEW POST

新着記事はこちら